ニキビ予防のためのスキンケア

by:

ニキビ跡皮膚科美容

ニキビは10代の頃からでき始める肌の炎症の一つです。肌の表面に付着している、アクネ菌が大量に繁殖した結果、ニキビとなって肌に現れます。アクネ菌は、肌の余分な皮脂や汚れを栄養分として繁殖していきます。肌を清潔に保つことがアクネ菌繁殖の防止に繋がります。

市販の洗顔料や基礎化粧品には、アクネ菌に作用する効果のあるものが販売されています。アクネ菌発生の元となる皮脂や汚れを落とすために、しっかりと洗顔することが大切です。洗顔の回数は、朝と夜の2回の洗顔で十分で、何回も洗うと必要な油分まで取り除かれてしまいます。洗顔をするときには、洗顔料をネットを使ってもこもこに泡立てて、泡を使って顔を洗います。

肌の表面の皮膚は非常に弱いため、直接指が当たるとしわやたるみの原因になるので細心の注意を払って洗います。水で洗い流す時も、手が触れないように注意しながら泡を綺麗に洗い流します。せっかくたっぷりの泡で洗っても、洗顔料が残ってしまうと再びニキビの原因となるので、何回も回数を掛けて流していきます。洗顔後、タオルで水分を取り除くときは清潔なタオルで優しく拭き取ります。

肌を洗顔後の状態にしておくのは乾燥を引き起こします。肌表面に付いた水分は、肌内部にある水分も一緒に蒸発してしまうので、洗顔後はなるべく早く、化粧水を使って保湿をしていきます。化粧水だけでは、肌にうるおいを届けても後々蒸発してしまうので、最後に乳液やクリームの油分を使って肌にふたをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です