ニキビのできる原因と予防対策について

by:

ニキビ跡皮膚科美容

女性は生理前になると、ニキビができる人が多いようです。これはニキビができる原因に、女性ホルモンの乱れが関係していることが大きいと言えるでしょう。女性ホルモンが正常に分泌されることにより、お肌もトラブルなく美しく保つことができるのです。女性ホルモンを整えるには大豆イソフラボンが効果があるとされており、大豆製品や豆乳を毎日の食事のメニューに取り入れたり、イソフラボンのサプリメントを飲むと良いでしょう。

また女性ホルモン以外にニキビができる原因として多いものが、ストレスです。ストレスを溜めこむことはお肌にとって大敵なので、スポーツや趣味などに打ち込んでリフレッシュすることが大切です。また意外と気付いていないニキビの原因として、シャンプーやトリートメント剤の洗い残しがあります。シャンプーなどに含まれる化学成分が水滴と共に肌に付くことで、肌が炎症を起こすのです。

特に背中や首筋、おでこなどにできる場合は、こうした洗髪剤などが原因となっていることも多いです。これらは、お風呂に入った際に先に頭を洗ってから体を洗うようにすることで防ぐことができます。また洗髪後はタオルを髪の毛に巻いて、水が垂れてこないようにして、ドライヤーで乾かす際もタオルを首に掛けておくと良いでしょう。おでこにニキビができやすい人は、ワックスなどの調髪剤が原因となっている場合もあるので、調髪剤が肌につかないように気を付けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です