その背中ニキビは何気ない習慣が原因かもしれません

by:

ニキビ跡皮膚科美容

背中の開いたパーティードレスをさっそうと着こなしている女性は、本当に格好よく注目の的ですが、その背中がニキビだらけでは興ざめです。もともと背中は汗をかきやすい場所でもある上、普段はなかなか目につかないので、気がつかずに悪化させてしまいがちです。顔と同様、背中のニキビにも原因はいろいろと考えられますが、実は若い女性がついやってしまうある習慣が、原因となっている事が多いのです。それは洗髪に関係します。

入浴またはシャワーを浴びる時、シャンプーをする・トリートメントをつけて少し時間を置く・その間に体を洗ってしまう・最後に体を流して髪のトリートメントも流す、という順番の方は要注意です。流したトリートメント剤がそのまま背中に残ってしまい、毛穴を塞いでしまうために毛穴が呼吸できず、アクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。トリートメントを洗い流した後で体を洗うように、順番を変えてみてください。入浴後、長めの髪を生乾きのまま背中に垂らしていたら、こちらも要注意です。

乾ききっていない髪から背中に、トリートメント剤が戻ってしまうからです。できればドライヤーで完全に乾かしたいところですが、それができない場合にはバスタオルで背中を覆うなどして、髪の水分が背中に抜けないよう気をつけてみてください。背中ニキビのひどい方は、シャンプーやトリートメント、ボディシャンプーなどの成分にも気をつけてみるとよいかもしれません。特にシリコンや界面活性剤を使っていない、できれば低刺激の物がお勧めです。

刺激はターンオーバーを狂わせる原因になりますから、背中を洗う場合も、ボディブラシやタオルを使わずに、手でやさしく洗うようにします。ニキビには必ず原因があります。ひとつひとつ取り除いていけば、必ず治る日が来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です